トップへもどる
スタッフ紹介 住宅改修 介護福祉関連販売について
思いやり新聞 のぞみの里

住宅改修

住宅改修サービス

住宅改修・介護予防住宅のご利用手順

要支援の方から要介護の方まで、1人あたり「20万円まで」のサービスが受けられます。(自己負担1割)

住宅改修サービス
  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化などのための床、または通路面の材料の変更
  • 引き戸などへの扉の取り替え・引き戸などの新設
  • 洋式便器などへの便器の取り替え
  • その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
  • ※住宅改修に要した費用が20万円を超えた場合は、その超過分は全額自己負担となります。
  • ※要介護状態区分が3段階以上上がった場合(3段階リセット)や、転居した場合(転居リセット)は、
      再度20万円まで利用可能となります。

このページのトップへ